スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌え日本酒

【くろーずあっぷ】“萌え酒”で市場開拓を進める市村栄さん
2009.3.23 02:07
 「『クール(格好良い)ジャパン』として日本のアニメは海外に定着しているんです」

 茨城県結城市結城で酒店を経営する。ワインの買い付けで年に3回ほど訪れるフランスで感じたことは「和食など日本文化の間違った伝わり方」。そんな中で印象に残ったのが海外で人気を呼び、日本の象徴文化として定着する「アキラ」「北斗の拳」といったかつてのアニメ。そして、若者の日本酒離れが進む中でひらめいたのが通称「アキバ」、東京・秋葉原が発信となった『萌えーっ』の美少女アニメをラベルにした新しい日本酒のイメージづくりだった。

 自社製品のブランド化を進める市村さんが、今月から販売を開始したのが、杯を手に持つ和服姿の美少女をラベルに採用した日本酒。和紙に墨書という高級日本酒とはおおよそかけ離れた“新日本酒”は、名づけて「酔逸撫子」(すいーつなでしこ)。ラベルのイメージに合わせた中身は地元、結城市の酒蔵「武勇」の純米吟醸。「撫子のピンクのように甘く、さっぱとしたキレの良さが特徴」と出来栄えに胸を張る。

 OLなどがワイン感覚で大吟醸など高級日本酒をたしなむ時代は終わり、20代の『お酒』といえば「ビール、カクテル、ワイン」。そんな世相を見て、若い世代へ日本酒を売り込もうという狙いから、“萌え酒”を誕生させた。

 イラストは、漫画家でイラストレーターの貴島煉瓦(きじまれんが)さんに依頼。将来、人気作家としてブレイクにも期待を寄せる。

 「お客に近い酒屋」づくりが経営方針の市村さんは祖父の代からの酒店経営。幼いころから店に来る立ち飲みの客のヒザに乗り、「当時から飲んべと関わってきた」笑う市村さんだが、この原点が「量販店にないお客に近い酒屋」を生み出した。

 次なる戦略も着々と構想中で、キーワードは「団塊の世代」だそう。「酔逸撫子」の別キャラバージョンは本醸造か大吟醸か、「それはお楽しみ」となにやらシリーズ化の計画もありそうだ。

ソース
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/ibaraki/090323/ibr0903230208001-n1.htm





「もやしもん」の中で、昨今の日本酒離れは酒屋の努力不足だとか云々って話があったような気がしますが、こんなチャレンジも…まあ有りなんじゃないでしょうかね。私は日本酒好きなんですけど。
日本酒に苦手意識を持ってる人も飲めるようになると楽しいですよ。色々種類もありますし。





関連
日本酒飲む人は2人に1人、「月に1日以下」が最多 マイボイスコム調査
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20080520/1011770/
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメント

Secret

sidoo's Twitter
プロフィール

sidoo

Author:sidoo

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。