スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS2というかPS2互換のPS3をですね

まだまだ現役? 今でも遊んでいるゲーム機、4割が「PS2」






PS3 や Wii、Xbox360 といった、いわゆる「次世代ゲーム機」が発売されて2年以上が経過したが、これらのゲーム機の所有率はどれほどだろうか。

インターネットコム株式会社と株式会社リアルワールド リアルサーチが実施した「家庭用ゲーム機(据え置き型)に関する調査」によると、4割近くの人が、現在も遊んでいるゲーム機器として「プレイステーション2」を挙げていることがわかった。

調査対象は、10~60代のインターネットユーザー1,040人。男女比は男性54.9%、女性45.1%、年齢別では10代5.1%、20代17.9%、30代22.3%、40代22.7%、50代16.3%、60代以上15.7%。調査期間は、2009年3月4日~5日の2日間。

まず、「プレイステーション3(PS3)」、「Wii」、「Xbox360」を、どれか1つでも持っていると回答した334人(全体の32.1%)に、所有しているゲーム機を複数回答で聞いたところ、「Wii」76.6%(256人)、「PS3」36.8%(123人)、「Xbox360」11.7%(39人)となった。

家族層をターゲットにした「Wii」の所有率が圧倒的に高いが、「PS3」も36.8%と、3人に1人が所有していることになる。また、「Xbox360」も1割近くが所有していると回答した。徐々にではあるが、これらの次世代ゲームも世間に浸透してきているといえる。

次世代ゲーム機を持っていないと回答した766人に、今後購入しようと思うゲーム機器を複数回答で聞いたところ、「購入する予定はない」63.7%(450人)という回答が最も多く、「Wii」28.2%(199人)、 「PS3」13.9%(98人)、「Xbox360」2.7%(19人)と続いた。6割以上が購入する予定はないとしているが、高額な開発費から、中々新しいタイトルが発売されないゲーム業界の現状なども、関係あるのだろうか。

最後に、全員(1,040人)に対し、現在遊んでるゲーム機(据え置き型)を聞いたところ、「プレイステーション2(PS2)」39.8%(414人)が圧倒的に多く、以下「プレイステーション」15.8%(164人)、「スーパーファミコン」15.1%(157人)、「NINTENDO64」11.3%(117人)、 「ファミリーコンピューター」9.1%(95人)となった。

現在でも4割近くが「PS2」で遊んでいると回答しており、まだまだ現役のハードといえる。PS2 の互換性を無くしたことで値下げを実現し、売り上げを伸ばした PS3 だが、この判断が正しかったかどうかは難しいところだ。

(調査協力:株式会社リアルワールド リアルサーチ)

ソース
http://japan.internet.com/research/20090311/1.html


PS2互換Verの生産ラインを切るんじゃなくて
PS2無互換Verの生産ラインを切るべきだったんだよ。やっぱり。
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメント

Secret

sidoo's Twitter
プロフィール

sidoo

Author:sidoo

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。