スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDDはドコのものを使ってますか

SeagateのBarracuda 7200.11などにアクセス不能になる不具合




米Seagate Technologyは、Barracuda 7200.11を初めとする4つのHDD製品において、ファームウェアのバグにより、アクセス不能に陥る可能性があることを明らかにした。


 今回問題が発覚したのは、2008年12月に製造された、Barracuda 7200.11、DiamondMax 22、Barracuda ES.2 SATA、SV35の4製品の一部。この問題が発生すると、PCの起動時にHDDがアクセス不能になる。ただし、データ自体は削除されない。


 同社では、シリアルナンバーやファームウェアリビジョンが問題のものに該当するのかを判断するためのツールを公開している。該当製品のユーザーに対しては、メールで同社に問い合わせするよう呼びかけている。

□Seagate Technologyのホームページ(英文)
https://www.seagate.com/
□サポート情報(英文)
http://seagate.custkb.com/seagate/crm/selfservice/search.jsp?Tab=search&Module=selfservice&TargetLanguage=selfservice&DocId=207931&NewLang=en
□関連記事
【2008年7月11日】Seagate、世界最大容量の1.5TB HDDを8月に出荷
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0711/seagate.htm

(2009年1月19日)


元記事 http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0119/seagate.htm




Seagate製のHDDに深刻すぎる不具合が見つかったようです。
症状が深刻すぎる上に、Seagate製HDDの現行モデルのほとんどが対象になるという事態。

対象モデル
■Barracuda 7200.11
ST31000340AS ST31000640AS ST3750330AS ST3750630AS ST3640330AS
ST3640630AS ST3500320AS ST3500620AS ST3500820AS ST31500341AS
ST31000333AS ST3640323AS ST3640623AS ST3320613AS ST3320813AS
ST3160813AS

■Barracuda ES.2 SATA
ST31000340NS ST3750330NS ST3500320NS ST3250310NS

■DiamondMax 22
STM31000340AS STM31000640AS STM3750330AS STM3750630AS STM3500320AS
STM3500620AS STM3500820AS STM31000334AS STM3320614AS STM3160813AS



私は数年前からHDDはWestern Digital製のものを買うようにしていたので、
自作したPCの内蔵HDDは全て問題ありませんでしたが、
外付けHDD(IO製)の中身に1つSeagate製のHDDを見つけました。

対象となるHDDではありませんでしたが、やっぱり怖いのでデータを退避させときます。


自作でなくとも、メーカー製PCでも内蔵HDDにSeagate使ってる場合もあると思いますので、
みなさんもお気をつけください。
スポンサーサイト

テーマ : 自作・改造
ジャンル : コンピュータ

コメント

Secret

sidoo's Twitter
プロフィール

sidoo

Author:sidoo

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。